★医学部の偏差値が低い大学は経済的負担が高い!?★

私立大学医学部の場合、学費の安さと偏差値の高さは比例すると言われています。確かに、学費が安い順天堂大学や慶応義塾大学は私立最難関の難しさを誇っています。ただし、学費が安いだけで偏差値が高いのは本当でしょうか。偏差値を大幅に下げたことでサラリーマン家庭の優秀な受験生の囲い込みに成功した大学はあります。順天堂大学もその1つで、以前は中堅レベルの私立大学医学部に過ぎませんでした。それが、2008年に約900万円の学費を値下げたことで一気に私立トップの安さとなり、偏差値が上昇し、今ではトップレベルの大学にまで成長しています。他にも昭和大学(450万円値下げ)や東邦大学(600万円値下げ)、帝京大学(1100万円値下げ)など競争倍率が高くなり、学費を値下げた結果、偏差値が上昇している医学部が目立ちます。それくらい私立の場合は、医学部の学費値下げが偏差値上昇に大きく関わってくるということです。逆に学費が高額な私立大学の場合はどうなのでしょうか。私立医学部の中で現在最も学費が高いのは川崎医科大学です。6年総額は4550万円と、唯一の4000万円超えの大学となっています。しかも偏差値は駿台で53と最も低い値となっています。4550万円という額は、学費ランキング第5位の東京慈恵会医科大学の約2倍の高さとなります。したがって、経済的な問題がない受験生であれば学費が高い医学部を中心に受験すれば、偏差値も低いため難易度は下がることになります。ただし、川崎医科大学も決して簡単ではありません。医学部の1つでるため、優秀な受験生との競争は避けられず、対策を怠ると合格できないのが現実です。また、入学の際は偏差値が他校に比べて低めですが、入学後は進級判定が厳しく、2016年は放校あわせて100名以上の留年者を出したことで注目を浴びました。留年すると余計に高額な学費がかかるので注意が必要です。

カテゴリー: 未分類 | ★医学部の偏差値が低い大学は経済的負担が高い!?★ はコメントを受け付けていません

★専門課程で公務員試験合格を目指すメリットを考えてみました!これで進路も決定!!★

公務員専門学校の専門課程は年間の学費が100万円ほどかかり、朝から晩まで授業があるため、仕事と両立が困難です。しかし、多くの受験生が公務員専門学校の専門課程に進学して公務員試験合格を勝ち取っています。しかも、高卒生だけでなく、大卒や社会人の受験生も、もう一度専門学校に進学して勉強している人が多くいます。そこで、今回は公務員専門学校の専門課程に進学するメリットをまとめてみました。まずは、専門課程に通えば学割が適用となるため交通費などが安く利用できるメリットがあります。さらに、担任制なので日々の学習管理を徹底的に面倒見てくれるため、落ちこぼれることなく勉強に集中できます。そして、行事や研修なども企画されているため、年間を通じてメリハリをつけて公務員試験の対策を行うことができます。公務員予備校などは自由度が高いですが、その分自己管理が重要となってくるため、日々の受験生活を自分で管理できないと厳しい部分があります。したがって、自今管理が苦手な人には専門課程に進学して厳格な管理のもと学習するほうが合格の可能性が高まります。また、専門課程に良いところは、公務員試験に失敗しても一般企業への就職をサポートしてくれるところです。公務員試験の勉強だけでなく、社会人として必要なビジネススキルやビジネスマナーの勉強も行っているため、関連資格の取得も行っています。したがって、一般企業にもアピールできるスキルや資格を身につけられることで卒業後の選択肢を広げることが可能です。資格試験の難しいところは、合格できなければ何も残らない点です。しかし、専門学校に進学していれば「専門士」という卒業資格が授与されるため履歴書に空白期間が空かずに、たとえ公務員試験が上手くいかなくても一般企業への就職の道が残されています。学校側も就職斡旋を徹底サポートして最後まで面倒を見てくれます。以上のように、専門課程は授業料が高い分、手厚いサポートを十分に受けることができます。

公務員試験はコチラ

URL:xn--55qq8au8b0zljwa854c7s6e.com

カテゴリー: 未分類 | ★専門課程で公務員試験合格を目指すメリットを考えてみました!これで進路も決定!!★ はコメントを受け付けていません

★医学部を偏差値だけでは見えてこない魅力を含めて紹介しちゃいます!★

医学部を目指す際に偏差値と自分の学力を考慮して選ぶと思いますが、偏差値が低いからと言ってその医学部は他大学に劣るというわけではありません。なかには、偏差値がそこまで高くはないけど実績や学費が魅力的な医学部もたくさんあります。国公立大学では、新潟大学や長崎大学は偏差値ランキングでは中間ほどに位置していますが、歴史は古く旧帝大の次に医科大に昇格した旧制医科大学であります。旧帝大や旧制医科大学は歴史のある名門大学であり、難易度も高めです。さらに、自校出身の教授陣も多く在籍している、教育および研究が充実している医学部なので、この2校は比較的合格しやすいおすすめの大学となっています。また、滋賀医科大学や信州大学は偏差値がさほど高くないですが、社会人や再受験生にも広く門戸を開いており30代上の医学部生も多数在籍している再受験生に優しい大学です。面接試験のない九州大学医学部を目指す再受験生も多いですが、偏差値が高い難関大学です。いっぽう、滋賀医科大や信州大であれば比較的難易度も高くなく、さらに再受験生の合格実績が高いので魅力的です。私立大学医学部では偏差値が高い大学は学費が2000万円代と、平均3500万円ほどする医学部に比べて割安感があり人気が高いため偏差値も高い傾向にあります。なかでも杏林大学は東京都の地域枠をもっているので、地域枠で合格したら6年間の学費を貸与してくれるチャンスがあります。さらに、僻地医療など指定医療機関に9年間従事すれば返済免除となります。東京都の地域枠は杏林、東京慈恵会、順天堂に設置されていますが、なかでも杏林大学の偏差値は医学部の中では比較的低いので、地域枠合格の可能性も高まります。医学部受験は、偏差値の高い大学に入ることではなく、最終的に医者として活躍するのが目的です。つまり、偏差値だけに捉われずに医学部を探してみると魅力的な大学はたくさんあり、選択肢を広げることが可能となります。

医学部 偏差値はコチラ

URL:xn--ekry3qey0c.jp

カテゴリー: 未分類 | ★医学部を偏差値だけでは見えてこない魅力を含めて紹介しちゃいます!★ はコメントを受け付けていません

★医学部再受験生でも年齢に関係なく医学合格を勝ち取る!~国立大学編~★

医学部再受験生にとって心配なのは、医学部合格レベルの偏差値があっても年齢を理由に不合格にされないかだと思います。実際、再受験生のブログや2chでは寛容な医学部とそうでない医学部がまとめられています。これらの情報が全く正しいわけではありませんが、年齢を合否の基準としている医学部はやはりあるといえるでしょう。逆を言えば、年齢に関係なく、純粋な学力試験で選抜している社会人に寛容な医学部もあるので、正しく志望校を選べば問題ありません。まず国立大学でいえば九州大学など面接試験を設けていない医学部は純粋な学力勝負が期待できます。実際、2chやブログなどのネット上でも面接試験のない医学部は寛容度が高く評価されています。しかし、近年面接試験を導入する医学部が年々増加しており、面接試験のない医学部は貴重になりつつあります。次に、調査書を点数化していない医学部がおすすめです。これは高校卒業後5年経つと調査書が発行されなくなってしまうからです。医学部側は調査書が発行されない再受験生を不利に扱わないということになっていますが、リスクが高い医学部にわざわざ出願する必要はありません。その他、年代別合格者または入学者のデータを確認すると良いでしょう。30代や40代の医学部生がたくさんいる大学も確認することができると思います。30代以上の受験生が多いということはそれだけ再受験生でも合格できるチャンスが広がるので、ぜひ志望校として選びたいものです。なかでも地方の医師不足が深刻な地域にある医学部では、年齢に関係なく受験生に門戸を開いているケースが多いようです。ネットの情報を参考にするのは良いですが信憑性が低い場合もあります。したがって、志望校決定の際は医学部受験に精通している医学部予備校に相談することをおすすめします。

医学部再受験はコチラ

URL:xn--36qt4bon05v4y3eorl.net

カテゴリー: 未分類 | ★医学部再受験生でも年齢に関係なく医学合格を勝ち取る!~国立大学編~★ はコメントを受け付けていません