★医療・福祉分野のスペシャリストである作業療法士を目指すなら医療専門学校で決まり!★

医療専門学校で設置されている学科のなかに作業療法士を目指せるコースがあります。作業療法士とは、厚生労働省管轄の国家資格であり、医師の指示のもとに障害者の身体運動機能や精神心理機能を改善する治療を行い、これらの機能の回復・維持を目指す医療・福祉界のスペシャリストです。医療専門学校では似たような職業に理学療法士が目指せる学科がありますが、理学療法士は病気やケガで失った運動機能の回復を目指すリハビリの専門家です。いっぽう、作業療法士は、障害者などが日常生活をスムーズに送れるよう、入浴や食事などの活動動作から、職業復帰まで幅広くサポートしていくのが特徴です。医療専門学校で作業療法士を目指す魅力としては、即戦力として活躍できる知識と技術を中心に学ぶことができます。また、昼間部だけでなく夜間部も開講しているため、ダブルスクールや働きながらの人でも無理なく通学できます。また、現場と同様に器具や設備を学校内に設けられているため、納得いくまで繰り返し練習することが可能です。さらに、医療専門学校の特徴は、実習プログラムが充実していることです。提携の医療現場において、学校で学んだことを体験することで、座学では得ることのできない実践力や応用力を習得することが可能です。国家試験対策や就職支援のフォローも丁寧なので、合格率は全国平均を上回り、就職実績100%を達成している学校も少なくありません。よって、作業療法士になりたい人は医療専門学校への進路も検討することをおすすめします。まずは、各学校を資料や公式サイトで確認し、気になる学校にはオープンキャンパスなどを利用して実際に足を運んで確認すると良いでしょう。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です