★治験で良く耳にするプラセボって何?プラセボを理解して治験を知る!★

治験とは、新薬などを厚生労働省から認可を受けるために実施される臨床試験のことを言い、人体を使って薬の有効性や安全性を確認します。治験は、臨床試験までの過程で、動物実験などで幾重にも有効性と安全性が検証され通過してきたものなので、リスクはそこまで高くはありません。ただし、治験に参加するならしっかりとその仕組みを理解しておきたいという人も多いと思います。そこで、今回は治験プログラムでよく耳にするプラセボについて紹介したいと思います。プラセボとは、「偽薬」とも呼ばれる有効成分を含まない薬のことを言います。プラセボは砂糖やでん粉からできており、一見すると本物の薬と見分けがつきません。なぜプラセボが利用されるかというと、「薬を飲んだ」という行為だけで心理的作用が発揮して効果が出てしまう「プラセボ効果」があるからです。したがって、全く効果の無いプラセボと比較することで、治験薬の有効性を科学的に証明するために利用されます。主に「二重盲検比較試験」でよく利用されています。「二重盲検比較試験」では、心理的作用を除外し科学的に正確なデータを得るために実施されるので、医師も患者も治験薬を服用しているか、またはプラセボを服用しているか分からないようになっています。プラセボの服用方法は、治験プログラムによって異なってくるので、飲まないまま終了することもあります。したがって、治験を参加する際は、プラセボがある場合はどのような仕組みで服用する機会があるのかを事前に確認しておくと良いでしょう。

 

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です