★医学部再受験生でも年齢に関係なく医学合格を勝ち取る!~国立大学編~★

医学部再受験生にとって心配なのは、医学部合格レベルの偏差値があっても年齢を理由に不合格にされないかだと思います。実際、再受験生のブログや2chでは寛容な医学部とそうでない医学部がまとめられています。これらの情報が全く正しいわけではありませんが、年齢を合否の基準としている医学部はやはりあるといえるでしょう。逆を言えば、年齢に関係なく、純粋な学力試験で選抜している社会人に寛容な医学部もあるので、正しく志望校を選べば問題ありません。まず国立大学でいえば九州大学など面接試験を設けていない医学部は純粋な学力勝負が期待できます。実際、2chやブログなどのネット上でも面接試験のない医学部は寛容度が高く評価されています。しかし、近年面接試験を導入する医学部が年々増加しており、面接試験のない医学部は貴重になりつつあります。次に、調査書を点数化していない医学部がおすすめです。これは高校卒業後5年経つと調査書が発行されなくなってしまうからです。医学部側は調査書が発行されない再受験生を不利に扱わないということになっていますが、リスクが高い医学部にわざわざ出願する必要はありません。その他、年代別合格者または入学者のデータを確認すると良いでしょう。30代や40代の医学部生がたくさんいる大学も確認することができると思います。30代以上の受験生が多いということはそれだけ再受験生でも合格できるチャンスが広がるので、ぜひ志望校として選びたいものです。なかでも地方の医師不足が深刻な地域にある医学部では、年齢に関係なく受験生に門戸を開いているケースが多いようです。ネットの情報を参考にするのは良いですが信憑性が低い場合もあります。したがって、志望校決定の際は医学部受験に精通している医学部予備校に相談することをおすすめします。

医学部再受験はコチラ

URL:xn--36qt4bon05v4y3eorl.net

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です