★外壁塗装で知っておきたい耐用年数と施工の依頼時期!!★

外壁塗装を依頼する際に知っておきたい知識として外壁塗装の耐用年数施工の依頼時期があります。外壁塗装の耐用年数は一般的にアクリル塗料で約7年、ウレタン塗料で10年、シリコン塗料で12年、フッ素塗料で20年と言われています。色々な外壁塗装業者が使用している塗料を扱うメーカーのパンフレットにはそれぞれに目安の耐用年数が記載されていますがこれらはあくまでも目安になっています。塗料自体の耐用年数はパンフレットなどに記載されている年数と大方相違は無いと思われますが、建物の下地の状態によって外壁塗装の耐用年数は大きく左右されることを理解しておく必要があります。その他にどんなに高価な塗料を使用しても上記のとおり建物の下地にマッチした塗料を使用することや、きちんと外壁塗装業者と情報を共有することなどを見積もりの際にやらないとトラブルの原因となります。また、外壁塗装の施工の時期の目安ですが、外壁を触ると白い粉が手に付く(チョーキング現象)外壁のひび割れ(クラック現象)コケやカビの発生、外壁の目地部分の劣化など上記の症状が現れている建物は一度お近くの外壁業者に相談してみてはいかがでしょうか?外壁塗装は建物の寿命を維持するのにとても重要な役割を持っていますので近く外壁塗装の施工を考えている人はお早めに見積もり等を依頼することをおすすめします。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です